ITOSHIMA DUAL LIFE PROJECT糸島デュアルライフプロジェクト

PROJECT CONCEPT

都市と自然に暮らす
デュアルライフを
福岡に創出する

福岡都市圏から車で約40分、
海と緑の大きな自然に抱かれた糸島半島。

都市に暮らす人が、週末は、
自然の近くで暮らすように時間を過ごす。

都市と自然、双方の価値が得られる、
新しい暮らし方を創出することができないか。

LANDICはそのように考えました。

都市と自然に暮らすデュアルライフを実現する
HOTEL PROJECTを展開しています。

seven x seven ITOSHIMA

AREA FEATURE

多くの人で賑わう
糸島半島のゲートウェイ 二見ヶ浦

糸島半島の入り口に位置する二見ヶ浦エリア。

空と海、波の音、どこまでも続く水平線。
振り返れば緑に包まれる、自然豊かなロケーション。

観光名所の「夫婦岩」をはじめ
個性豊かな飲食店が立ち並び、
季節を問わず様々な年代で賑わう場所です。

そんな「糸島半島のゲートウェイ」としての二見ヶ浦に、
新しい体験価値を創出する。

HOTEL CONCEPT

多くの人々が集う二見ヶ浦で
新たな滞在価値を創出するオアシスを

海や空を眺め ゆったりと流れる時間、
家族や仲間と楽しむアクティビティ、
地産食材を存分に味わい尽くすレストラン。

海と緑に囲まれた自然豊かな環境に、
非日常を求める人々が集うこの場所は、
まさに「オアシス」と呼ぶことができるでしょう。

都市に住む人が、休日を過ごすオアシス。
観光拠点ではなく、滞在拠点としてのホテル。

都市と自然に暮らすデュアルライフを
ここ二見ヶ浦で実現させるホテルが誕生します。

ACCESS

福岡県福岡市西区西浦266番地
「博多」駅から車で約45分

本プロジェクトは福岡市の地域産業振興立地申請事業です

市街化調整区域など農山漁村地域においては、人口減少、少子高齢化の進展等に伴い、地域コミュニティの維持・活性化が大きな課題となっています。その課題解決に向けた地域産業の振興や雇用の創出のため農林水産物、歴史・文化資源、自然景観などの地域資源を活用し、地域の農林水産業や観光などの産業振興に寄与すると認められ、福岡市開発審査会で審議・承認された事業です。

HOTEL公式サイトへ

LANDIC na 街づくり構想

暮らしや住まいについての考え方が、
目まぐるしく変わっています。

都市と自然が重なり合う福岡は、
これからの時代の新しい暮らしが生まれる街だと
LANDICは信じています。

だから、わたしたちは
住まいをつくるだけでなく、様々な試みをはじめました。

自然豊かな糸島半島、文化の中心地である西中洲に
今までにない滞在体験ができるホテルを。

日常のすぐそばに、
ちょっとした気づきを発信するカフェを。

健康に暮らせる、ウェルビーイングな住まいの発明を。

ただ「住む」のでなく、福岡の体験価値を高め、
街を元気に、人を笑顔にする「LANDIC na 街づくり」構想。

LANDICは、未来の暮らしや街の姿を、
福岡の人々や企業のみなさんと共に考え、共に行動していきます。

プロジェクトを詳しく知る
建築思想
TIME SCAPE
建築思想
ランディックヒストリー
LANDIC HISTORY
ランディックヒストリー
採用情報
RECRUIT
採用情報
スポンサー
FOR SOCIENTY
社会への取り組み
ランディックチャレンジ
LANDIC CHALLENGE
ランディックチャレンジ
LANDICホールディングス